焼入れ・焼戻し(調質)

焼入れ・焼戻し(調質)

鋼(はがね)を赤熱させて、油や水などで急冷させる方法を焼入れと言います。一般的に焼入れにより高い硬さが得られ、耐摩耗性が向上します。反面、焼入れのままではもろく、不安定な状態となっているため、所定の温度に再度加熱させます。これを焼戻しと言います。焼入れ後約600℃焼戻しを行うことで鋼(はがね)は強靭化します。また、焼入れ・焼戻しの処理を合わせて調質と言います。

 

金属組織及び処理条件

焼入
処理条件の図
処理前

処理前

マルテンサイト

マルテンサイト
高い引張強さ,硬くもろい

焼戻し
処理条件の図
ソルバイト

ソルバイト
適度な引張強さ,粘さ

 

設備

素材連続炉
素材連続炉
台車炉
台車炉
 

対応できる工場

海田工場
海田工場
〒736-0034
広島県安芸郡海田町月見町9番9号
TEL:082-822-2957
FAX:082-822-7294
志和工場
志和工場
〒739-0265
東広島市志和町冠字深迫190-1
TEL:082-420-5511
FAX:082-420-5615
 

お問合せ先

株式会社ナガト
〒732-0802 広島市南区大州三丁目6番24号
TEL:082-282-4361  FAX:082-282-4262

または各工場までお問合せ下さい。
ナガト工場一覧はこちら