沿革

昭和27年3月

当社の前身である(株)長門製作所小野田工場に中国地方で初めての高周波焼入れ装置を設置。

昭和35年5月

広島市大州町に広島工場を設置。熱処理、電機部門を開設。

昭和40年9月

(株)長門広島製作所として分離独立。

昭和43年2月

長門金属工業株式会社と社名変更。

昭和43年9月

海田工場操業開始。

昭和44年10月

資本金33,000,000円となる。

昭和45年4月

沼田工場操業開始。

昭和45年7月

日本工業規格(JISマーク)表示工場(大州工場・海田工場)となる。

昭和49年11月

東海工場操業開始。

昭和50年1月

マツダ(株)の品質認定工場となる。

昭和50年10月

資本金120,000,000円となる。

昭和52年8月

三菱農機(株)の品質認定工場となる。

昭和59年11月

液中高周波焼入れ特許取得。

昭和61年11月

海田工場ADI量産設備設置。

平成元年4月

志和工場操業開始。

平成2年8月

資本金250,000,000円となる。

平成3年4月

防府工場操業開始、プラスチック成形事業開始。

平成3年7月

株式会社ナガトに社名変更。

平成7年10月

資本金330,000,000円となる。

平成11年6月

マツダ(株)の品質優良認定工場となる。

平成13年10月

ISO9001 認証取得(本社・防府工場)。

平成15年5月

ISO14001 認証取得(防府工場)。

平成16年1月

刈谷工場操業開始。

平成18年5月

ISO9001:2000 全社認証取得。

平成19年8月

ISO14001認証取得(東海工場)。

平成20年6月

ISO14001認証取得(刈谷工場)。

平成24年9月

無錫工場操業開始。

平成25年7月

タイ工場操業開始。